プラットフォーム運営・シェアリングエコノミーサービスに役立つ情報

Google Adsenseの審査申請手順

Google AdSense とは、自分のWebサイトに広告を貼って、収益を得るしくみです。

SHARE infoのプロプラン、Bizプラン(法人向け)では、Google AdSenseの広告を載せて収益化を図ることができます。

SHARE infoのサイトにAdSense広告を掲載したい方のために、Google AdSenseに審査申請する手順を説明します。

(Google Adsenseのアカウントをすでに持っている方は、この手順は必要ありません)

Googleアカウントを準備

Google Adsenseの申請には、Googlアカウントが必要です。持っていない場合は新規取得してください。既存のGoogleアカウントでも構いません。

Google AdSenseに申請する

1. Google AdSenseのアカウントを作成

Google AdSenseにアクセスします。 https://www.google.com/adsense/

「お申し込み」ボタンを押します。

必要な情報を入力して、「保存して次へ」をクリックします。

国を選択すると、利用規約が表示されます。利用規約を確認し、同意するにチェックを入れ、「アカウントを作成」をクリックします。

アカウントが作成され、アドセンスの管理画面に移行します。

2. 支払い先住所の登録

住所登録フォームが表示されるので、情報を入力します。

まず、アカウントの種類を「個人」または「ビジネス」に設定します。個人のブログやサイトを登録する場合は「個人」、法人などの場合は「ビジネス」となります。

名前や住所、電話番号等を記入し、よければ「送信」をクリックします。

電話番号による本人確認を行います。

電話番号を入力し、「ショートメッセージサービス(SMS)」あるいは「通話」で確認コードを受け取ります。

受け取った確認コードを入力し、「送信」をクリックします。

3. AdSense広告コードの貼り付け

「サイトをAdSenseにリンク」の画面に遷移したら、表示されているAdSenseコードをコピーしてください。

このコードをサイトの<head>タグ内に埋め込む必要がありますので、次に、SHARE info側での設定に移ります。

4. SHARE info側での審査用コードの設定方法

SHARE infoの管理画面 > 収益 > 広告 の「サイトをリンク」の項目に先ほどコピーしたコードを貼り付け「変更を保存」をクリックします。

これで、<head>タグ内にコードが挿入されますので、またGoogleAdSenseの管理画面に戻ってください。

5. 申請完了

「サイトにコードを貼り付けました」にチェックをいれ、「完了」をクリックします。

「コードが見つかりました」という画面が表示されたら、申請は完了です。

Googleで審査が行われます。

注意

  • 審査には数日~1週間程度かかることがあります。 審査の結果は、Googleよりメールで通知がきます。
  • 審査基準等についてはGoogleのページ等をご参照ください。
  • 審査に通過すると広告が表示できるようになります。

審査が通らない場合

既にGoogle AdSenseのアカウントを持てるのは1人1つだけです。電話番号などが同一の場合は「すでにアカウントをお持ちです」というメールがきます。

サイトにある程度のコンテンツが必要です。SHARE infoでサイトを作成した後、投稿がいくらか増えた段階で審査申請するのがよいでしょう。

審査を通過しなかった場合でも、大まかな理由がメールにかかれていますので、それを参考に修正して再チャレンジしてみてください。

広告の掲載方法(審査通過後)

広告ユニット

SHARE infoの管理画面 > 収益 > 広告 の画面で、広告を表示したい場所(「ヘッダー」「フッター」「サイドバー」)に、Google AdSenseの広告コードを貼り付けてください。

SNSでフォローする