プラットフォーム運営・シェアリングエコノミーサービスに役立つ情報

Yahoo!ジオシティーズが終了

2019年3月31日に提供終了

2019年3月31日をもってYahoo!ジオシティーズのサービスが提供を終了しました。

誰でも簡単にホームページを開設できるサービスということで、1994年に始まったYahoo!ジオシティーズは、インターネット上に仮想都市をつくるというコンセプトで多くのユーザーに利用されてきました。

サービス終了の理由は一つではないと思いますが、おそらく採算が合わなくなったことが大きな原因ではないでしょうか。

2019年3月31日で、ジオシティーズで作成されたホームページは見事に消えてしまいました。

他サービスへの移行について

ホームページのデータをダウンロードして、他のホームページサービスに移行することは可能ですが、技術的な知識のない人にとってはやや難しい作業になります。

書き溜めてきたコンテンツを全て諦めて、一からホームページを作り直そうとしている方もおられるかもしれません。

インターネットの無料サービス

「インターネット上のサービスは無料で使えるのが当たり前」という風潮が長く続いてきましたが、民間企業の提供するサービスですから、収益が上がらない場合には終了してしまうこともあります。

例えば、2018年末にはYahoo!の掲示板サービス「テキストリーム」も先日終了となりました。

Yahoo!に限らず、どのWebサービスも、終了までに長めの猶予期間を設けてくれていることがほとんどです。1年以上前からサービスの終了を告知し、それまでにユーザーへの対応を呼びかけている場合も多いです。

しかし、これは提供側の企業がサービスで行ってくれているのであって、当たり前のことではありません。突如サービスが消える可能性は、ゼロではないのです。

これからのインターネットサービス

Googleにしろ、Yahoo!にしろ、それ以外のWebサービスにしろ、それまで無料で提供されていたサービスがなくなるときにはユーザーは戸惑い、怒りがこみ上げることもあります。

けれど、安定してサービスを受けたいのであれば、対価を払うのは当然のことです。

「ただより高いものはない」ということを肝に銘じて、私たちはこれからのインターネットサービスを利用していく必要があります。

無料Webサービスを使う時の注意

今まで当たり前に使っているサービスが、突然終了を伝える日が来ることを念頭に置いた上で、バックアップを取ったり、代替手段を準備しておいたりといった心構えが必要です。

Webサービスでは、無料でサービスを拡散する「フリーミアム」という方法が良く取られてきたことも確かです。

しかしこの方法は、多くの人が集まることによって得られる別の目的(広告の表示など)があってこそなりたちます。もちろん、完全な無料奉仕ではありません。

有料のプランに加入したり、広告を出稿したり、どんな形でもよいのでそのサービスの継続性を支えるようなアクションを取ることが大切です。利用させてもらっているサービスや提供企業へのリスペクトを示すことが礼儀ではないかと思います。

Yahoo!ジオシティーズのデータ取得期限

なお、Yahoo!ジオシティーズの場合は、FTPでのデータダウンロードができるのは2020年の3月31日までです。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA