プラットフォーム運営・シェアリングエコノミーサービスに役立つ情報

クラウドソーシングのメリットとは?

今や副業が当たり前の時代になってきましたが、何から始めよう?と迷っている方も多いのではないでしょうか?

アルバイトという手段もありますが、スキマ時間を活かしたい場合には不向きです。今までやってきたことや好きなこと・得意なことを活かしたいという方も多いでしょう。

雇用形態は多様化しています。今回はシェアリングエコノミーのサービスの一つである「クラウドソーシング」のメリットを紹介していきます。

クラウドワークスやランサーズを始めとしたクラウドソーシングは、今や多くの方に活用されているサービスです。

仕事を発注する側、仕事を受けるワーカー、それぞれのメリットを見てみましょう。

クラウドソーシングが発注者におすすめの理由

まずは発注者の方にとってのメリットです。

①安価に人材を確保できる

正社員や派遣社員として フルタイムで常時人を雇う場合は、月に20万以上かかります。クラウドソーシングを利用すると、必要な時に単発で仕事の依頼ができます。必要な時に、必要なスキルを持つ人に外注することが可能です。

②採用コストが削減できる

新規で人を採用する場合、募集だけでなく、その後の書類選考、面接、審査、応募者への連絡…と多大な手間とコストがかかります。

クラウドソーシングでは多くの人材が集まるプラットフォーム上で無料で募集をかけられるので、募集にかける費用は基本的にゼロです。

コンペ形式での募集も可能なので、人を見て採用不採用を決めるのではなく、提出された成果をみて採用不採用が決められるのもリスク削減となります。

テスト的に最初の依頼は安価で契約するということも可能なので、さらに失敗は少なく済みます。

③コンペ形式での依頼が可能

上記でも紹介した通り、クラウドソーシングはコンペで人を選ぶことになります。

過去の制作物を見て仕事を依頼するかどうかを決める場合、実際に依頼する案件でも成果が出せる確率は100%ではありません。

しかし、コンペ形式であれば、実際の依頼内容に対しての成果物を提出してもらえるので、期待した水準の仕事ができていない場合には支払いをする必要がありません。

特に、ロゴデザイン、ライティング等、不確定要素の高いクリエイティブ系の依頼の場合に効果を発揮する募集形式です。

クラウドソーシングがワーカーにおすすめの理由

続いて受注側の目線でクラウドソーシングのメリットを紹介していきます。

①手軽に副業ができる

クラウドソーシングでは、インターネット上のプラットフォームで気軽に応募ができ、なおかつ色々な業種の仕事があります。自分にあった仕事が見つけやすいでしょう。在宅で好きな時間にできる仕事も多く、気軽に副業を始めることができます。

②営業力がつく

普段営業に関わる仕事をしている人以外は、意識して自分を売り込んだり、商品をアピールしたりする機会は少ないですよね。

しかし、仕事に限らず、プライベートでも恋愛や人間関係で必要になるのが実は営業力です。クラウドソーシングは気軽に応募できる一方、好条件の仕事には応募者が殺到します。

自分をしっかり売り出さないと仕事を受注することができません。自己アピールの仕方も訓練できる非常に良い機会になります。

③ノマドワーク化することも可能

ノートパスコンを携えて、カフェ等やコワーキングスペース等を転々としながら、 働く人が「ノマドワーカー」と呼ばれ、新しい働き方のスタイルとして認識されています。

クラウドソーシングで発注されるのは、出勤の必要がない仕事がほとんどです。ですから、たいていの案件は、インターネットのつながる環境さえあれば作業が可能です。

例えば海外を旅しながら、インターネットで仕事を受注・納品して旅行費用を得ているワーカーさんもいます。

働き方改革は進んでいるとはいえ、リモートワークができる会社がごくわずかです。自由に好きな場所で暮らしながら、仕事も続ける。そんな生活を可能にしてくれるのがクラウドソーシングだといえるでしょう。

クラウドソーシングを利用する際におさえておきたいこと

発注者向け

まず発注者が抑えるべきポイントは、「仕事をわかりやすく公開する」。これが基本であり、全てとも言えます。

数多くの仕事の中から、優秀なワーカーに選んでもらう必要があります。仕事内容はもちろんのこと、報酬の条件をクリアにすることが大変重要です。

のちにトラブルになった場合には不要な時間とコストもかかります。

ワーカー向け

大切なのは「仕事内容に合わせて」しっかりと自分をアピールすることです。

中には色々なところに応募する際、自己アピール欄をコピー&ペーストしている方もいます。たくさん応募する場合はある程度のコピぺも仕方ありませんが、一言でいいので案件に合わせたアピール文や応募動機、意欲などを示す文章を付け加えるなどしましょう。

特に、報酬の高い案件、条件の良い案件の場合は、仕事内容に合わせてしっかりとあなたの経験をアピールするようにしましょう。

まとめ

クラウドソーシングは聞いたことはあるが自分には関係ない、という方もまだ多いとは思います。

今までの仕事に対する固定観念にとらわれることなく、自由に働いている方、仕事を依頼している方がすでに大勢います。

そこには、新しい経験や出会いが待っていることでしょう。やるか、やらないかは自分次第です。

自分の興味ある業界に特化した仕事マッチングプラットフォームを、自分自身で運営する、というのも面白いのではないでしょうか。

マッチングプラットフォームを運営するなら

あなたも、マッチングサイトで社会問題の解決をしませんか? アイデアをお持ちでしたら、まずはスモールスタートで、今すぐ始めてみましょう。

SHARE infoは、ユーザー同士が直接情報交換できるWebサイトを簡単に作成できるクラウドサービス。

登録もメールアドレスだけで簡単です。今すぐ無料プランであなたのアイデアをカタチにしてみましょう!

SNSでフォローする