プラットフォーム運営・シェアリングエコノミーサービスに役立つ情報

プラットフォームサービス公開にあたって一番大事なこと

プラットフォームビジネスをスタートするにあたって、一番大切なことは、ずばり「アイデアが浮かんだと同時に世の中に出す」くらいのスピード感です。

まずは薄味で味見を

「まずしっかりと計画を立てましょう。下調べはしっかりと。そして計画通り進めましょう。」

学校で教わったこの昭和路線。デジタル社会でこのスピード感は、確実に遅れをとってしまいます。

今はPDCA(Plan-Do-Check-Action)サイクルではなく、DCAPサイクル(まずはDo!)だといわれています。

完璧な味付けでなくてもいいから、薄い味つけでまず味見してもらう。食べてもらって、感想を聞きながら、食べる人の好みに合わせて調味料を加えていく。

そんなイメージでしょうか。

レストランの場合は、お客様に薄味のまま出してしまうわけにはいかないでしょう。けれど、ITサービスの場合は、想像の世界で味付けを完璧に仕上げてしまう必要もありません。

出したはいいが気に入らない味だった、となった場合、容易に作り直しができるものではないからです。

完璧主義よ、さようなら

WEBサービスを運営したいと考えた場合、まずほしい機能を全てピックアップし、完璧に近い形で公開したい!と考えるのは、至極まっとうなことです。

その為にはまず資金を準備して、計画のために何度も業者と打ち合わせ。

あの機能も入れて、この機能もいれて。デザインはもっともっとこうしたい…

そうこうしているうちに1年などあっという間に過ぎていきます。本当にあっという間です。

そして、インターネットやデジタルの世界では、フレッシュだったアイデアも、1年もたったらありふれたものになってしまいます。

時間はコストを生み、チャンスを逃す

おまけに費用も膨れ上がります。無料でずっと設計にお付き合いしてくれる業者さんがいるとしたら、それは本当に幸運なことです。

数百万、場合によってはそれ以上の費用と、何か月(場合によっては何年ごし)という時間をかけ、満を持してサイトを公開!

そして誰も見に来ない…(北風の音)

世の中はあなたを待ってくれるか?

あなたの商材が唯一無二のものなら、そのスピード感でも大丈夫です。じっくりやっていきましょう。なぜならお客様はあなたからしか買えないのですから。

でも競合が出てくる可能性があるとしたら、今すぐ大きな危機感を持ってください。

どうしよう、こうしようとあなたが手ごねしている間に、他のパン屋さんは、さっさとパン焼き機で焼いたパンを店頭に並べています。お客様はそちらに流れてしまいます。

お客様が競合のパン屋さんのファンになってしまったら、もうあなたのパンは買ってくれないかもしれません。

さあ、あなたのアイデアを、一日も早く形にしましょう。

鍵はクラウドツールの利用

そうはいっても、まずは公開!なんてできるはずがない。そう思う方がほとんどでしょう。

でも極端な話、サイトを公開すること自体は1日でも可能です。サイト構築に何か月もかけるということが、今やナンセンスになりつつあります。

Webサービスのアイデアをすぐに形にしたいときにまず試していただきたいのが、汎用的なユーザー投稿型サービス(CGM)が、無料から作成できるSHARE infoです。

SHARE info
クラウドサービスSHARE info

シンプルなコミュニティサイト、QAサイトなどが即日作成できます。

作成できるのは、シンプルな投稿型サイトです。管理画面から語句や設定を変更してカスタマイズができますが、どうしても必要な機能がない可能性はあります。

そんな時には、ビジネス対応のSHARE info Bizに申し込めば、オリジナル機能の追加も可能になります(費用は個別に見積り)。

SNSでフォローする