プラットフォーム運営・シェアリングエコノミーサービスに役立つ情報

クラウドとは?なにが便利なのか?

「クラウド」という言葉が出回る前から、クラウドコンピューティングは行われてきました。

インターネットを通じて自分のコンピューターから別の場所にあるコンピューター(サーバーや記憶装置) を使うことを、クラウドコンピューティングと言います。

インターネットを表すための図には、しばしば雲の絵が使われていました。実体の見えないモヤモヤした物の向こうに別のコンピュータがあるイメージです。そこで「クラウド」と呼ばれるようになりました。

クラウドの反対の意味の言葉として、「オンプレミス」という言葉も目にするようになりました。自分のコンピューターの中にあるシステムという意味です。

何が嬉しいのか

クラウドのシステムを使うとうれしい事があります。自分の手元に処理用のコンピューターを置く必要が無いのはうれしいですね。色々な処理を行うために手元に沢山のコンピューターを手元に置くとスペースがとられて大変です。

必要なだけコンピューターが使える点も嬉しいところです。例えば、ビジネスが小さい時に少しだけ使って、お客さんが増えるに従って徐々利用する量を増やす事ができます。スマホのような小さいコンピューターからでもクラウドにある強力なコンピューターを利用する事だってできます。

プログラムのアップデートが自動的に提供される場合もあります。メンテナンスに手間がかからないのはとても助かります。

24時間毎日利用するサーバーなどは、社内や自宅に置くと停電や、排熱の問題なども心配ですが、クラウドなら気にする必要はありません。

クラウドサービスの種類

SaaS

ソフトをサービスとして提供している形態です。例えば、ブラウザからアクセスするだけで利用できるワープロソフトの場合、DVDなどから自分のPCにインストールして利用するわけではなく、単にアクセスすれば利用できます。ソフトを所有しているわけではなく、使っているだけです。ソフトのユーザーは、ソフトを入手しているのではなく、ソフトが使えるサービスを使っているとも言えます。

ソフトを提供している会社からすると、作ったソフトそのものを売っているわけではなく、利用してもらった分課金などを行うわけです。

PaaS

これは、普通にソフトを使っている方にはあまり関係ないか、知らないうちに間接的に使っている類のサービスかもしれません。OSやプログラムの開発環境など一式をクラウド上で提供しているサービスという意味になりますが、プログラマやサーバーの管理者でもなければ、正直「何する物?」と思いますよね。

深く突っ込んでも仕方ないので、ここでは、Webサービスなどを開発するときに基盤となるコンピューターなどとでも理解しておけば、大きくは外れないでしょう。

IaaS

これも技術用語なので、IT関連の技術者でなければ知らなくても困らないような言葉と思います。ざっくり説明すると、コンピューターはコンピューター本体にOSが入っていて、ハードディスクがつながっていて、ネットワーク用の機器がつながっていたりします。これをクラウド上でそれぞれの部品のような単位で色々組み合わせて利用できるサービスです。

CPUは4コアにして、ハードディスクは100GBにして、OSはCentOSを入れて・・・といった具合に必要な機器を組み合わせて利用します。

実際のクラウドサービスの例

PaaSとIaaSは専門的な使い方になるので、ここではSaaSで提供されているサービスの例を挙げます。

Gmail

皆さまおなじみのGmailもクラウドサービスです。Googleが所有しているどこかにかるGmail用のサーバーにアクセスしてインターネットメールが利用できるサービスです。

iCloud

Apple が提供するクラウドサービスです。iPhoneからも利用できますしAppleユーザーにはなじみ深いと思います。画像やバックアップなどの各種のデータを保存したりできます。iPhoneのバックアップデータをiCloudに置いておき、何かあった時にはiCloudに置いていたデータを使って復旧するなどができます。

Evernote

クラウドにメモなどが保存できるサービスです。Evernoteに保存しておけば色々な機器から同じデータにアクセスができるので便利です。例えば、会社のWindowsでEvernoteにファイルを置いて、自宅のMacでそのファイルを見る事ができます。音声や写真なども保管できるようです。

デメリット

クラウドといっても、データの保存先はどこかの会社が所有しているサーバーコンピューターです。

セキュリティーが必要なデータの場合、クラウドを利用するかどうかは慎重に検討した方が良いでしょう。企業によっては、社内ではクラウドサービスの利用を禁止している所もあります。

まとめ

メリットがいっぱいのクラウドコンピューティングですが、セキュリティー面にやや不安があります。ただ、世の中の流れはクラウドを活用する方向に流れているので、心配だからといって、クラウド無しで全てを完結するのも難しいでしょう。

便利さとセキュリティーの兼ね合いを考えながら利用するのが賢い使い方になりそうです。

SNSでフォローする